LEARN MORE

ビデオギャラリーを見る

一部のインターネット企業への投資収益率は数十万ポイントに達しています。

例えば、アマゾンの初期投資家は出資が1000万%を超えている事を確認しています。 また、グラフィティペイント事業から6万ドルをフェイスブックの株に投資し、5億ドル以上をも稼いだ高校中退の者もいました。

しかしどのようにすれば卓越した投資機会を見極めることができるのでしょうか?

あまりにも多くの要素が重ならなくてはならず、そのような機会がやってくることは頻繁にはありません。 巨大な市場の必要性 円滑で拡張性のある解決策はそのニーズに完璧に対応します。 その解決策の迅速な受け入れを可能にする承認と検証。 競争の欠如。 市場制覇を達成できる強力なチーム。

TransparentBusinessはこれらの基準をすべて満たし、投資に対して並外れた利益を生み出すことができます。上記の動画まとめをご覧ください。

米国においてこの投資機会は規則Dの規程 506(c)によって規制されており、「広範囲な勧誘と一般的な広告」は認められていますが、適格投資家のみに機会を制限しています。(100万ドルル以上の純資産または20万ドル以上の収入、詳細な定義を参照)米国以外の投資家は規則Sの元で認められる可能性があります。最低投資額は5,000ドルです。 詳細についきましては投資概要をご覧ください。また、条件とリスクの説明については、プライベート・プレースメント・メモランダムをご請求ください。

当社は投資家を厳選しています。当社の投資家には、金融機関のほか、モルガン・スタンレー、メリルリンチ、J.P.モルガン、スティフェル、バンク・オブ・アメリカ、バークレイズ・グローバル・インベスターズ、UBS、ウェルズ・ファーゴ、ゴールドマン・サックス、シティグループ、ドイツ銀行、アクセンチュア、CAテクノロジーズの現役および元役員が含まれています。

当社の1,000万ドルのラウンドと他社の資金調達との比較

TransparentBusiness
Google
Uber
Airbnb
PayPal
Whatsapp
Facebook
Salesforce
Large Market
Accute Need
x
Low competition
x
x
x
x
x
Scalable solution
Residual revenues
High profit margin
x
x
x
x
Recession-resilient
Strong endorsements
x
Distribution channels
Experienced team
x
x
Revenues
x
x
x
Legal environment
x
x
x
Unique advantage
x

TransparentBusinessがセールスフォースの評価額に達した場合、投資額の12万%以上の価値上昇となります。

テクノロジービジネスで大成功を収めるために、必要なすべての要素のユニークな組み合わせを考えると、巨額な利益は明らかな可能性を秘めています。

  • 巨大な市場の必要性。
  • 円滑で拡張性のある解決策はそのニーズに完璧に対応します。
  • その解決策の迅速な受け入れを可能にする承認と検証。
  • 競争の欠如。
  • 市場制覇を達成できる強力なチーム。

Estimate ROI

Given the traction achieved by TransparentBusiness so far, what is your estimate of the likelihood of TransparentBusiness

%
%
%
Estimated ROI =%
Based on your responses, the value of one share (offered for $1 in the current round) is $ and the value of $100,000 investment is $

Notes:
1/ IPO price is assumed to be the industry typical $20/share.
2/ In the “success” scenario, the valuation of the company will be the $120B valuation achieved by Salesforce.com on a much smaller market segment.
3/ Better scenarios are not considered out of abundance of conservatism. This estimate is not a guarantee of the results.


TransparentBusinessの取締役会は5名で構成されています。

シルヴィナ・モスキーニ

創設者兼社長

受賞歴のある逐次起業家、国際講演者、作家のシルヴィナモスキーニは、デジタル経済の第一人者としての地位を確立しています。彼女はLinkedInのインフルエンサーであり、CNNへの定期的な寄稿者であり、世界中のニュースメディアで数え切れないほどの記事を発表しています。

アレックス・コニャンヒン

創設者兼CEO

ウォールストリート・ジャーナル紙が報じた:"コニャンヒン氏は、天才な物理学の学生だったが、1990年代初頭にロシアの先駆的な資本家となり、20代半ばまでに推定3億ドルの銀行と投資の帝国を築き上げた。" 1992年、アレックスは米国に亡命し、汚職に反対して政治亡命を認められました。

モー・ヴェラ

取締役
モイセス・V・"モー"・ベラ・ジュニアは、弁護士であり、ホワイトハウスで2つの上級管理職を務めたヒスパニック系初の人物です。最初はアル・ゴア副大統領室のチーフ・ファイナンシャル・オフィサー兼シニア・アドバイザーとして、後にジョー・バイデン副大統領の管理局長を務めました。

ジェームズ・コストス

取締役
元駐スペイン米国大使。外交官としてのキャリアを積む前は、HBOとTod's会社でエグゼクティブとして、グローバルなポジショニング、広報、マーケティング、通信などを担当。

ロエル・カンポス- 取締役

取締役

2002年から、ロエルはジョージ・W・ブッシュ大統領から2度任命され、2007年までSECの長官として米国上院で承認されました。在職中には、連邦証券法の全範囲に関わる何百もの複雑な施行事例や規則作成を主宰しました。

TransparentBusinessチームは、請求可能時間の透明性のある検証を公共調達の新しい基準にすることに取り組んでいます。このような透明性は、請負業者による過剰請求から公的資金を保護することで、納税者に何十億ドルものお金を節約することになります。詳細は AvoidOverbilling.comをご覧ください。

全国の政治家にTransparentBusinessの利点を示した結果、アメリカ32州の議員は、政府の請負業者にそのような透明性を義務付けることを目指す法案を導入しました。写真には、TransparentBusinessの共同創業者シルヴィナ・モスキーニ氏が、ジョー・バイデン氏、コーリー・ブッカー上院議員と一緒に写っています。

フェイスブックの創業者マーク・ザッカーバーグ氏と、トランスパレントビジネス(TransparentBusiness)の共同創業者で社長シルヴィナ・モスキーニ氏。TransparentBusinessはFacebookのテクノロジーパートナーです。

ジム・ニールソン上院議員とケン・クーリー下院議員は、トランスパレントビジネスのCEOアレックス・コニャンヒン氏に、カリフォルニア州上院経済開発表彰状を授与しました。

Excerpts. TheDeal is a media channel of TheStreet.com

... a New York-based software startup called TransparentBusiness Inc. has drawn backing from Fortune 500 executives through a relatively new type of securities offering called 506(c) as part of an effort to raise $10 million this year.

Alex Konanykhin, CEO of TransparentBusiness, said he decided to reach out directly to accredited investors by purchasing ads in financial publications. One particularly bold ad includes the figure, 90,000%, with a question mark next to it.

Konanykhin said the ad speaks to the large market opportunity for his company's software, which helps governments eliminate fraud by verifying billable hours charged by outside contractors. ...

Thus far, TransparentBusiness Inc. has raised about $500,000 under the 506(c) offering plus an earlier round of about $1.5 million through a convertible offering. It's currently offering 10 percent of the company for $10 million, with a minimum investment of $5,000.

The company's investors in the convertible offering include: ... Ken Arredondo, former President of CA Technologies and a TransparentBusiness. board member ($150,000); Jorge Titinger, former CEO of SGI ($100,000); Ximena Querol, CEO of Sector3 Social Venture Group ($125,000) and Andrew Winn, former portfolio manager at BarclaysGlobal Investments and now senior vice president of TransparentBusiness ($110,000).

One of the investors, Ken Arredondo, told The Deal he invested in TransparentBusiness and agreed to serve on its board of directors because of the company's strong management team and the huge market opportunity to increase transparency of outsourced contracts worldwide. He believes in the company's product and said it's unique.

"It's a Saas-based, easy-to-use tool," he said. "There are a lot of technology players out there that are a lot bigger, but none of them have what they have. There will be competition, but they have the product now. They have first-mover advantage."

Arredondo plans to keep his investment in the company for at least two to five years. By then, the company could be large enough for an IPO or a sale.

A 506(c) offering, unlike other private offerings such as private-investments-in-public-equity, or PIPE deals, don't carry the same restrictions around the marketing of private offerings. (continue reading).

Bring Transparency to State Contracting

...Just a few years ago, a software contractor over billed New York City more than $500 million dollars on a single municipal project.

Given that Rhode Island spends hundreds of millions of dollars annually on large, complex professional service contracts, I am concerned the state is vulnerable to similar examples of time sheet fraud. That’s why I have introduced legislation (H-7788) that requires the transparent verification of billable activity.

In the absence of such verification, our agency auditors cannot verify the accuracy of contractual billing, so the state essentially pays contractors on the honor system, leaving open the possibility for fraud, waste and abuse. Further, state officials cannot efficiently monitor the status of ongoing, complex contracts, one of the major reasons we have seen some projects go far over budget and past deadlines.

To remedy the situation, my legislation would require that state contractors use newly available transparency and accountability tools to ensure that they are staying on task toward delivering contractually promised system functionalities.

By requiring vendors to use software that periodically takes screenshots of work being performed and provides automated real-time cost status of key tasks, we can significantly increase our capacity to manage complex projects, while protecting the state from padded invoices and time sheet fraud.

These software tools, such as TransparentBusiness from leading payroll and human services provider ADP, are already in use in the private sector, and Rhode Island can take advantage of these best practices in managing its state contractors.

Upgrading legacy information systems and other complex projects will always be a challenge, but let’s strengthen our state’s overall information technology project management capacity with powerful new transparency and billing verification tools designed to prevent time sheet fraud.

By Brian Patrick Kennedy, the Speaker pro tempore of the House of Representatives of Rhode Island.

Apply:

トランスパレントビジネスは、全米の政府請負業者にとって必要なプラットフォームとなることを目的に、積極的な政府支援プログラムを開始しました。このような政策は、コンプライアンスのコストを業者が負担するため、政府経費がゼロになり、納税者の数百億ドルを節約することができます。このようなポリシーは、TransparentBusinessがすぐにフォーチュン500企業になる可能性があることも意味します。この動画の概要で説明した投資機会は、「透明性請求時間の確認」の要件が全国的に、あるいは主要な州で制定された時点で、もはや利用できなくなります。すでに30州の立法者が我々のモデル法案を導入しており、公共調達の透明性に向けた不可逆的な傾向を実証している。

Latest News